園長便り

 

保護者各位

 

 春のさわやかな風を感じ,園庭の木々も一斉につぼみが膨らみ、新年度をお祝いしているように感じます。皆さま、進級、入園おめでとうございます。施設の教職員一同、今年度も子育て支援に邁進していく所存です。よろしくお願いいたします。

 

新年度の教育保育

 

 来年度より改定されます認定こども園新教育保育要領に伴い、改善点であります多様な施設利用のこどもへの配慮点で子育て世帯への更なる充実したサービス提供が望まれています。こども保険も近ごろ話題となっておりますが、国主導で子ども子育てを応援し、育てやすい環境を提供することにしています。しかしながら盲点として、子ども子育てが社会に頼ってなされることへの危惧もあり、家庭教育が乳幼児教育の基礎となることから、将来においてすべてを保証されるわけではないことを肝に銘じなければなりません。子どもが親の愛情を一心に受けるためには時間が必要で、困難の中での子育ては貴く、後ろ姿を見せての教育になります。給付等の支援は大いに結構で、更なる充実を願うばかりでありますが、親子が共に過ごす時間だけは奪うことがないよう祈るばかりです。

 

本園の教育保育

 

 モンテッソーリ教育の充実の為、年間のMコースに2名と、他数名を別な形のM許教育へ派遣します。朝のお仕事の充実が本園の教育の鍵であることから、参観日等もその部分を保護者の皆様にもご覧頂けるように予定しております。環境の中から自ら選び、集中し、達成感を味わうこと、そしてそれが自立へ向かうことを教育の柱とします。保育要領の改訂が何回されようとも、この道筋が変わることはありません。子どもの発達に沿った乳幼児教育のさらなる充実のため、頑張ってまいります。

 

お知らせ

 

 林稔紘教諭は春休み中に一身上の都合により退職しました。急な事でお別れが出来ず、申し訳ありません。新たに前友美教諭(旧姓 西田友美)が本務教諭として着任致します。

 

主幹保育教諭と主任保育教諭

 

 本施設が2名の主任先生の体制となります。

 

保護者窓口と、教育保育の充実、煩雑なこども園業務に対応するため、菅原美春教諭と深水泉教諭が任に当たります。よろしくお願いします。本園は年間、40名程のスタッフがかかわり、こどもの教育保育の充実の為に働いています。皆様方と同じく、子育てをしながらの職員も多数おり、事情によりやむなく休むこともあります。しかも昨今取り沙汰されております保育士不足は鹿屋市においても顕著で、募集をかけてもなり手はありません。やりがいの大きな仕事ではありますが、その任の重さは大きいのです。今後も、皆様方に協力を願うこともあると思いますが、宜しくお願い致します。

 

募集

 

 施設では園で預けて働く保育教諭の資格を持つ方を募集しております。興味のある方は連絡ください。                                                                         園長   田島信三

 

鹿屋カトリック幼稚園創立50周年記念式典盛大に執り行われました。

これが新遊具!!黒松建設にて

黙ってあいする

何も言わなくても
何も言わなくても

 そっと差し出すハンカチ.泣いている大切な友達の涙を拭いてあげる。マザーテレサのようです。かみさま、カトリック幼稚園の子どもたちが、友達に深く関心をもちますように!